教育

子育て

後で読み返したいのでとりあえずメモ。

岐阜市に「不登校児専門公立中」開校。除幕式で会場を涙させた京大准教授のスピーチ
4月7日、岐阜市に不登校児専門の草潤中学校が開校されることが決まった。自治体主導としては初の公立不登校特例校で、説明会には40名定員のところ120家族、実に380名が参加したという。その方針は、「すべての授業はオンラインも併用のため通学して

スピーチが素晴らしいです。言いたいことを見事に言語化してくれていました。

特にこの部分。自分で学ぶたいと思った時のサポートのしかた。自分の子供を見て、まさにそうだなと感じました。

「好きになったことを突き詰めると、その先に分からないことがあっても、さらに知りたいと思えるのです。その瞬間こそが、まさに勉強したいと思う瞬間で、このときに学校の先生が戻ってくると、以前と同じ算数の授業をしたとしても、子どもたちの食いつき方が違ってきます。そのような瞬間こそが、子どもたちにとっての学びの場なのです。半信半疑だった市長も親御さんも、変化した子どもたちの姿を信じて、バーバパパの学校に子どもたちを預けたい、と思うようになります。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました